BLOG_TITLE_HD.png

<< June 2018 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『Hedgehog Diaries』#486(2018/05/09OA)
CATEGORY : Hedgehog Diaries / comments(0) / trackbacks(0)
今週は海浜幕張のbayfmから生放送です。しばらく収録が続いて申し訳ありませんでした。前回の収録から何と今日までの間にARABAKI ROCK FEST.・湯河原温泉歌謡祭、あとMONOEYESのツアー初日(=Mexican Standoff Tour 2018 / @千葉・LOOK)、F.A.D(YOKOHAMA)の企画イベント(=THE SUN ALSO RISES vol.53 / w.LOSTAGE)、そしてVIVA LA ROCK2018・ツアーの札幌公演を終えて関東圏に戻ってきて、今日は生放送やってます。最後までよろしくお願いします。
こんにちは、ナジーム・ハメドです。今バイト中なんですが、めっちゃ暇なんでメールします。
自分は根っからの足フェチで、女性のきれいな足に挟まれたまま死にたいと思ってるほどなんですが、細美さんは何フェチですか?

まさかナジーム・ハメドからメールもらえるとは思ってなかった(笑)。凄いボクサーなんですよ。まあ見てみて、時間があったら。あと、めっちゃ暇なバイトって何してるんだろう(笑)。結構柔らかい気分になれたんでこのメール凄くよかったなっと思いました。オレは間違いなく筋肉フェチですね。

って事で、千葉LOOKのゲストに来てくれました。最高の【漢達】だったゲスト・アルカラの曲を聴いてください。

00:31 アルカラ - 如月に彼女

いやぁ…ホントに1箇所だけっていうのがもったいないくらい、MONOEYESと合うバンドでしたね。楽しかったです。ありがとうございました。

やる気が出ない時、どんな風にモチベーションを上げますか?

やる気が出ない時とかってわかってるじゃん?やらなきゃどんどんやれなくなっていく感じ。「ここで立ち上がらないと明日立ち上がるほうがよっぽどキツいぞ!」って思うんだけど、それでも「今日はダラダラしてたい…」とかあるじゃない?そういう時は「100(%)じゃなくて50(%)から始める」みたいな。「今日はもう50だけしかやんないけど、ゼロよりいいんじゃない?」みたいな感じでいくと、50やる事によって「実は100やりたかったんだな、オレ…」みたいなのが出てきたり拾えたりする事もあるからね。そんな風にしてますね。

先週喋った万本桜の感想と、あと1個質問が付いてて。感想のほうは割愛するんですが…。

木札大作戦は何時から行うんですか?

今回、(福岡県)朝倉(市)とか色んなところの災害で出てきた流木を、地元の材木屋さんにカットしてもらってバンド名の焼印をして、その木札に寄付してもらう…っていうのを新しく始めていて。焼印入ってるけど自分達の手元には行かないんですよ。申し訳ないんだけど。お金を頂いて名前書いてもらった木札を、大切にお預かりしてライブハウスに貼るという作業をしてるんですが、(木札大作戦は)物販の先行発売に合わせて始まるので、各会場ごとに違います。(詳細は)HPで発表されてるんで確認してください、ってメールでした。

VIVA LA ROCK、凄く楽しかったです!1日経ってもまだまだ余韻に浸っています。

スカパラさんとのコラボステージ、圧巻でした。前々からいつか生で聴いてみたいと思っていた"Diamond In Your Heart"が聴けて本当に良かったです。
MONOEYESのライブも素敵過ぎて楽し過ぎて、人の波に揉まれながら笑いが止まりませんでした。最高の時間をありがとうございました、

明日からの仕事も頑張れそうですし、またライブに行きます。





ライブ来て…疲れんじゃん、オレ達のライブなんて。(それでも)『明日からの仕事が頑張れる』って言われんのが凄く嬉しいなと思ったんで紹介しました。

5月7日のZepp Sapporo、最高でした。
みんなの歓声と笑顔をこんなに心地よく感じたのは初めてです。とても心が暖かくなりました。みなさんありがとうございます。

そして、HAWAIIAN6・HATANOさんの『Zeppで(KLUB)COUNTER ACTIONをやる』という言葉にガツンときました。
10代の頃、ライブハウスでしか息ができないような時、COUNTER ACTIONによく行っていました。今は当時見ていた夢とは全然違う仕事に就きましたが、全く後悔していません。自分の芯を一切曲げずにやってこれたのは、COUNTER ACTIONを始め、ライブハウス・バンドのみなさんのおかげです。

今回、たくさんの感謝に気付く事ができたライブになりました。今は生きてるうちにCOUNTER ACTIONへ行って、「ありがとう」のお返しがしたいと思います。

ありがとう。COUNTER ACTIONというのはSLANGKOさんとかがやってらっしゃる、札幌の老舗ライブハウスですね。ちなみに東北ライブハウス大作戦のハコの、岩手県宮古市にあるライブハウスもCOUNTER ACTIONですが、これは札幌の暖簾分けです。

さて、ここはもちろんのこのバンドの曲を聴いて頂きましょう!

00:40 HAWAIIAN6 - Burn

HAWAIIAN6はMONOEYESを結成してから1番対バンに誘ってくれてるバンドで、対バンした回数はBRAHMANよりももしかしたら多いかもしれない、っていうくらい【仲間】だと思ってるバンドですね。来てくれてありがとうございました!

私は人から『優しい』って言われる事がありますが、単純に気が小さくて思った事が言えてないだけで、当たり障りなく生きてる気がしています。
本当にその人のためを思うなら、厳しく言う事が優しさでしょうか?

これ、TOSHI-LOWとよく話になるんだけど…やっぱり強さが必要だよね。人に優しくするなんていう事は。強さから出た優しさは凄く素敵だけど、弱さから出る優しさもあるからね(笑)。それはあんまり素敵ではないなと。別に人に厳しくする事がホントの優しさとは思わないけど、やっぱり裏付けとなる強さが必要なので。優しくなりたければ、まず強くなんないとだめなんじゃないかとは思いますね。

人生に悩んでいます。

中学の時からミュージシャンになりたい気持ちがあるのに、それを目指すのが周りの目とか親から何て言われるか怖くて言い出す事もできずに、高校を出て就職しました。それでもやっぱりミュージシャンが諦められなくて辞めてしまいました。そのあと親を悲しませたくない気持ちから専門学校に行きましたが、そこも辞めてしまいました。

夢は夢なのでしょうか。このまま中途半端な人生なのでしょうか。僕は音楽から逃げてるだけなのでしょうか。

んー…何にも約束できないからね。頑張ったら夢は叶うなんて、そんな事はないし。でも頑張んなきゃ叶わないしね(笑)。難しい話だと思うけど、まぁ自分で決めなよ。誰かのせいにしないで。諦めちゃうのも自分のせい。自分が弱かったから諦めた。親が言ったからでもないし、友だちに言われたからでもない。で、頑張ってみたけどうまくいかなかった。それも自分のせいだよ。全部自分のせいにしてやってったら、何かカッコいいんじゃないの?どういう人生でも、ってオレは思うけどね。

ARABAKIに参戦しました!

夕日でBAN-ETSU(磐越)STAGEが黄金に染まる中、細美さんが『この曲をやりたいと思いました』と言って始まった"Sunset Off The Coastline"。夕焼けとHIATUSの音と細美さんの歌声が溶けて自分も溶けて、とても心地よく忘れられないライブになりました。これからのHIATUSのライブ、予定がないのがものすごく寂しいですが、またライブに行ける日を楽しみにしています。

"Sunburn"はその時にぜひお願いします…。

"Sunburn"、入りで失敗しちゃって(笑)、急遽"Silver Birch"に変えたんですよ。まぁ来年ARABAKIに呼んで頂けたら、その時はぜひ"Sunburn"で締めたいと思いますね。この日の"Sunset Off The Coastline"、すごく評判がよくて。オレ達の照明・ハタ坊っていう天才がやってくれてるんだけど、終わったあとに言ってたね。『何年かに1回しかないような奇跡的な瞬間でした!』って。外の光と自分の照明と音とが合わさって、とても気持ちよかったです。

…そう!HIATUSのライブ。ごめん。発表できてないだけで、全然決まってんすよ実は。(今年の)後半で。もうちょっと待っててください。

00:47 the HIATUS - Sunset Off The Coastline

00:51 LOSTAGE - Flowers/路傍の花
(Streaming:♬the HIATUS - Sunset Off The Coastline)

1日の終わりに「あんな事言わなきゃよかった」「もっとこうすればよかった」って後悔する事はありますか?また、そのような気持ちにどのように向き合い、自分の糧としていますか?

いやー…あるよ!めちゃくちゃある(笑)。オレは失敗ばっかだし、取り返せないなって思う失敗もあるよ。

ただ、「ごめんなさい!」って言って許してもらって、また同じ失敗をするだけじゃしょうがないと思っているのでなるべく言い訳はしないし、誤解されてたとしても解かないようにしようと思ってる。自分の行動でやってしまった事は行動でしか返していけないと思ってるので、時間をかけて何度か違う行動を取ってる自分を見た時に「あ、反省してるんだな」って見えるやり方しかないのかなって思ってますね。

もちろんその間に失ってしまう人間関係とかもあるんだけど、それはしょうがない。自分の失敗だからって感じっすかね。凄く言い訳したくなるんだよ。blog書くとか、翌日電話するとか。簡単なんだけど、それだと自分が…許してもらっちゃうとホントに反省した事になんない気がするんですよね。時間掛かるんだと思います。色々と。そんな感じです。

今回のMONOEYESのツアーの対バンはすげぇ楽しい!1組でやってるよりやっぱり全然いい。みんなは長丁場だし大変かもしれないけど、全部含めて楽しんでもらえたらなと思います。LOSTAGEもいい出会いだったな。今日も素敵なメールたくさんありがとうございました。:-)

FAKE TALES OF CHIBA Z−放送後記−

大切な漫画はありますか?(あったとしたら)細美さんにどう影響を与えましたか?

いくつかあるけど、オレの人生に大きな影響を与えたのは大友克洋さんの「AKIRA」ですかね。漫画ももちろん読んでたんだけど、映画が公開された頃は16〜7歳くらいで、オレも赤いバイクに乗ってたんですよ。だから主人公の金田くん達には凄く思い入れもあるし、あんな男になりたいなってずっと思ってました。今も思ってるよ。

でも、なかなかあそこまでカッコよくなれないけどね。まぁまだまだ、死ぬまで追いつけたらいいなと思うひとりではありますね。それではまた来週。来週分はこのあと収録です。:-)
SEND A COMMENT
[注]当blogはbayfm非公認です。細美さんへのメッセージはこちらへお寄せください。

COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL ≫ http://radio8969.jugem.jp/trackback/677
<< NEXT | TOP | PREV>>
忘れないために。
UNICLOCK
♬Official Music Clip
the HIATUS / Clone

the HIATUS / Bonfire

the HIATUS / Thirst


MONOEYES / Two Little Fishes

MONOEYES / Free Throw

MONOEYES / Get Up

Twitter
▼ the HIATUS OFFICIAL ▼


▼ MONOEYES OFFICIAL ▼


▼ WEBMASTER ▼
みんなのブログポータル JUGEM

PAGE TOP